flash.accessibility パッケージの動作環境構築

Flash MX (Flash Player 6) から導入されているアクセシビリティ機能ですが、今までまともに試したことがなかったので試しました。今回試して分かったことは、Accessibility クラスと通信するスクリーンリーダーの用意が意外と手間だったということです。

たとえば、Camera クラスを使用するためには Web カメラが必要であるように、Accessibility クラスを使用するためにはスクリーンリーダーが必要で、スクリーンリーダーを動作させるためには、いくつかのラインタイムやアプリケーションをインストールをしなければなりません。

ひとまず Windows XP(32bit) かつフリーの環境で、スクリーンリーダーと flash.accessibility パッケージの動作確認をするために私が辿った手順を備忘録として残しておきます。決して下記手段を推奨しているわけではありませんので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です